さ行ではじまる神社

さ行ではじまる神社

「一の宮」とは、かつての令制国のなかで、もっとも社格が高いと一般にみられていた神社のことをいいます。
京から地方に赴任した国司のたいせつな仕事として、国内のおもだった神社を巡回して奉幣する「国司巡拝」がありました。
平安時代以降、この巡拝の順番を「一の宮」「二の宮」「三の宮」のように表したのが元になり、「一の宮」ということばが生まれたとされます。
巡拝の風習が廃れて以降も「一の宮」ということばは残りましたが、その後の国府の移転や在地豪族の勢力関係などによって、「一の宮」とされる神社が時代によって変わることもありました。

スポンサーリンク


神社名検索


西寒多神社 ささむたじんじゃ
寒川神社 さむかわじんじゃ
鹽竈神社 しおがまじんじゃ
倭文神社 しとりじんじゃ
白山比め神社 しらやまひめじんじゃ
住吉神社 すみよしじんじゃ
住吉神社 すみよしじんじゃ
住吉大社 すみよしたいしゃ
諏訪大社上社本宮 すわたいしゃかみしゃほんみや
諏訪大社上社前宮 すわたいしゃかみしゃまえみや
諏訪大社下社秋宮 すわたいしゃしもしゃあきみや
諏訪大社下社春宮 すわたいしゃしもしゃはるみや

スポンサーリンク

全国「一の宮」徹底ガイド (PHP文庫) Amazon アソシエイト