自賠責保険の限度額と保障内容

イメージ

自賠責保険は、交通事故による被害者を救済するため、原動機付自転車(原付)を含むすべての自動車に加入が義務付けられている保険です。

スポンサーリンク

自賠責保険の限度額と保障内容

自賠責保険では、傷害・後遺障害・死亡に至るまでの傷害・死亡について補償が受けられ、それぞれ保険金の支払限度額があります。

傷害による損害

傷害による損害は、治療関係費、文書料、休業損害および慰謝料が支払われます。
限度額
被害者1名につき120万円
補償内容
治療費、看護料、諸雑費、通院交通費、義肢等の費用、診断書等の費用、文書料(交通事故証明書、印鑑証明書ほか)、休業損害、慰謝料

後遺障害による損害

後遺障害による損害は、障害の程度に応じて、逸失利益および慰謝料などが支払われます。
限度額
①神経系統の機能や精神・胸腹部臓器への著しい障害で介護を要する障害被害者1名につき
常時介護を要する場合(第1級)4,000万円
随時介護を要する場合(第2級)3,000万円
②上記以外の後遺障害
被害者1名につき(第1級)3,000万円~(第14級)75 万円
補償内容
逸失利益、慰謝料等

死亡による損害

死亡による損害は、葬儀費、逸失利益、被害者および遺族の慰謝料が支払われます。
限度額
被害者1名につき3,000万円
補償内容
葬儀費、逸失利益、慰謝料
※なお、死亡に至るまでの傷害の損害は、通常の傷害による損害についての規定が準用されます。



スポンサーリンク


発達障害者と自動車運転―免許の取得と教習のためのQ&A

Amazon アソシエイト
▲ ページの先頭に戻る