児童相談所とは

イメージ

児童相談所は、児童福祉法第12条に基づいて設置され、市町村の児童相談業務への援助とともに、専門的な知識および技術が必要な児童に関する相談に応じ、医学的・心理学的診断などの結果に基づき、必要な指導・処遇を行う児童福祉行政の専門機関です。
児童福祉司、心理判定員などによる児童相談(巡回相談)、ひきこもり対策、児童虐待防止、里親制度の運営、その他関係機関との連携による事業などを行っています。

スポンサーリンク

Amazon アソシエイト

児童相談所のあらまし

児童相談所とは、18歳未満の児童に関するあらゆる相談に応じ、児童や家庭に最も適した援助や助言などを行う機関です。
児童相談所では、出産や子育ての悩み、子供の性格としつけ、不登校やひきこもりなどの問題行動、非行その他のことがらについて、児童福祉司、児童心理司、医師などの専門職員が対応に当たります。また、児童虐待から子供を守るための一時保護を行います。


児童相談所の機能

児童相談所は、児童福祉法第12条第1項により、現行法ではすべての都道府県および政令指定都市が設置するものとされており、例外的に一部の中核市にも設置されています。
この法律のなかでは、児童相談所の果たすべき機能について、次のようないくつかの項目を定めています。

相談機能

子どもに関する家庭や地域、学校などからの相談について、必要に応じて子どもの家庭、地域状況、生活歴や発達の度合い、性格・行動などを専門的な角度から総合的に調査、診断、判定し、これらに基づいて援助指針を定め、児童相談所自ら、またはは関係機関などを活用して、一貫した子どもへの援助を行います。

一時保護機能

必要に応じて子どもを家庭から離して一時保護します。

措置機能

子どもやその保護者を児童福祉司、児童委員などに指導させたり、子どもを児童福祉施設や医療機関に入所させたり、里親に委託したりましす。

市町村援助機能

市町村による児童家庭相談への対応について、市町村相互の連絡調整を行ったり、市町村に対する情報提供を行ったり、その他専門スタッフを置く公的機関として必要な援助を行ったりします。


児童相談所への相談内容

現在の児童福祉法では、住んでいる地域の市区町村役場が、児童・家庭に関する最も身近な窓口として、まず住民などからの相談への対応にあたることになっていますが、児童相談所でもこうした相談を受け付けています。
その相談内容としては、18歳未満の児童にかかわるものであればすべて対象となりますが、より具体的には次のようなものが挙げられます。

  • 親の離婚などの家庭の事情で子どもを育てるのが難しい
  • 言葉が話せないなど子どもの心身の発達に遅れがある
  • 暴力や万引きなど子どもに非行のおそれがある
  • 友達と遊べない、落ち着きがないなど性格・行動に問題がある
  • 家庭内でのしつけや育児に親として不安・心配事がある
  • 近所の子どもが虐待を受けているようすだ
  • 自分には子どもがいないので、他の子どもの里親になりたい


児童相談所への専用ダイヤル

育児や子育てに悩んだ時、虐待を受けたと思われる子どもを見つけた時などに、全国どこからでも最寄りの児童相談所に相談・通告できるようにするため、「児童相談所全国共通ダイヤル」が開設されています。

児童相談所全国共通ダイヤル 189(いちはやく)


全国の児童相談所一覧

全国にある児童相談所を一覧にまとめてあります。所在地や電話番号などを知りたいときは、次のリンク先を参考にしてください。

 全国の児童相談所一覧


サイト内検索

みんなのメンタルヘルス

スポンサーリンク

地方別索引

日本地図

▲ ページの先頭に戻る