東久留米市

東久留米市

スポンサーリンク

マイナンバーとは

マイナンバーは、それぞれの国民に割り振られる固有の番号で、税、社会保障、災害対策などのために活用されます。
このマイナンバーは、行政を効率化して利便性を高める目的で導入されました。

東京都東久留米市におけるマイナンバーの担当窓口は、市民課(通知カード・個人番号カードの申請・交付専用)となっており、その住所や連絡先電話番号、受付時間、対応可能な言語などの詳細は、以下に掲げるとおりです。


マイナンバーの効果

マイナンバー制度の導入後は、国や地方公共団体での手続に際して、個人番号を提示したり、申請書への記載をしたりすることになります。
このことによって、国や地方公共団体の間で、マイナンバーを通じた情報連携ができるようになり、これまで相当な時間がかかっていた情報の照合、転記に要する時間や労力が大幅に削減され、手続が正確でスムーズになります。
また、本人や家族が受けられるサービスの情報の案内を随時受け取ることも可能になります。


マイナンバーを使うシーンとは

平成28年1月から、順次、社会保障、税、災害対策の行政手続でマイナンバーが必要となっており、場合によっては職場や銀行などの金融機関での手続に際しても、申請書へのマイナンバーの記載などが求められることがあります。
なお、マイナンバーは社会保障・税・災害対策分野の中でも、法律や地方公共団体の条例で定められた行政手続にしか使えないことになっています。


スポンサーリンク

東久留米市のマイナンバー担当窓口(コールセンター)は次のとおりです。

自治体名 東久留米市
担当窓口 市民課
(通知カード・個人番号カードの申請・交付専用)
電話番号 042-470-7722
マイナンバー担当窓口の連絡先です。)
受付時間 -
対応言語 -
役場情報 〒203-8555
東京都東久留米市本町3-3-1
042-470-7777 ( 役場の代表番号です。)

マイナンバー記載の申告書提出と本人確認

マイナンバー(個人番号)を記載した申告書を都税事務所などの行政の窓口に提出する際には、個人番号法(マイナンバー法)に基づく本人確認が行われます。

この場合の本人確認は、正しい番号であることを確認する「番号確認」と、申告者がその番号の正しい持ち主であることを確認する「身元確認」のふたつがあり、両方をあわせて行うためには、マイナンバーカードを提示するか、または通知カードもしくマイナンバーが記載された住民票の写しなどとともに、身分証明書(たとえば、パスポート、運転免許証、運転経歴証明書、公的医療保険の被保険者証などの書類のうちからどれかひとつ)を組み合わせて提示する必要があります。

スポンサーリンク

預貯金へのマイナンバー付番Q&AAmazon アソシエイト