新島村

新島村

スポンサーリンク

マイナンバーとは

マイナンバーは、社会保障、税、災害対策の分野で効率的に情報を管理し、複数の機関が保有する個人の情報が同一人の情報であることを確認するために活用されます。

東京都新島村におけるマイナンバーの担当窓口は、企画財政課 企画調整室となっており、その住所や連絡先電話番号、受付時間、対応可能な言語などの詳細は、以下に掲げるとおりです。


マイナンバーカードとは

マイナンバーの通知後に市町村に申請をすると、身分証明書や様々なサービスに利用できるマイナンバーカードが交付されます。
マイナンバーカードに記録されるのは、氏名、住所、性別、生年月日、本人の顔写真、カードおよび電子証明書の有効期限、個人番号(マイナンバー)のほか、電子証明書に限られており、所得などのプライバシー性の高い個人情報は記録されません。


マイナンバーを使うシーンとは

平成28年1月から、社会保障、税、災害対策の行政手続で、順次、マイナンバーの提示が必要となっています。たとえば、税分野については、税務当局に提出する確定申告書、届出書、調書などに記載が必要であったり、税務当局の内部事務などに使用されたりします。


スポンサーリンク

新島村のマイナンバー担当窓口(コールセンター)は次のとおりです。

自治体名 新島村
担当窓口 企画財政課 企画調整室
電話番号 04992-5-0204
マイナンバー担当窓口の連絡先です。)
受付時間 -
対応言語 -
役場情報 〒100-0402
東京都新島村本村1-1-1
04992-5-0240 ( 役場の代表番号です。)

マイナンバー記載の申告書提出と本人確認

マイナンバー(個人番号)を記載した申告書を都税事務所などの行政の窓口に提出する際には、個人番号法(マイナンバー法)に基づく本人確認が行われます。

この場合の本人確認は、正しい番号であることを確認する「番号確認」と、申告者がその番号の正しい持ち主であることを確認する「身元確認」のふたつがあり、両方をあわせて行うためには、マイナンバーカードを提示するか、または通知カードもしくマイナンバーが記載された住民票の写しなどとともに、身分証明書(たとえば、特別永住者証明書、児童扶養手当証書、身体障害者手帳、運転経歴証明書などの書類のうちからどれかひとつ)を組み合わせて提示する必要があります。

スポンサーリンク

みんなが知りたかった! マイナンバーで損する人 得する人 (みんなが知りたかった! シリーズ) Amazon アソシエイト