今年の初詣

伊雑宮の初詣交通規制・駐車場


伊雑宮の初詣情報

伊雑宮に限らず、年末年始の期間は全国の主要な神社仏閣の周辺は大変混雑します。
駐車場は臨時も含めてある程度の台数は確保されているものの、すぐに満車になることが多く、しかも通常よりも遠く離れた場所になったり、駐車料金が高くなることが一般にあります。
このため、可能であれば、参拝客が集中する期間(大晦日から正月三が日)を避けたり、駐車場の心配がないバスや電車などの公共交機関を利用することが勧められます。
また、初詣に伴う交通規制が行われる場合、直前の時期に都道府県警察のホームページなどに掲載されることがあるため、確認しておくことが必要です。


伊雑宮  



伊雑宮の概要

伊雑宮は「いざわのみや」と読み、一般には「いぞうぐう」と称されることもある、伊勢神宮の別宮のひとつです。別宮として旧伊勢国以外にあるものはこの旧志摩国の伊雑宮のみです。倭姫命が伊勢神宮に神饌を献上するための御贄地を探していたところ、伊佐波登美命が出迎えたため、この地を御贄地として定め、伊雑宮を創建したといわれています。こうした経緯から、古くから大紀町にある瀧原宮とともに、「天照大神の遙宮(とおのみや)」と呼ばれていました。


伊雑宮の御利益

天照大神は、皇室の祖先神で、イザナギが黄泉国から戻って禊をしたときに生まれた神のうちの一柱です。
太陽を司り、神々の住まう高天原を統率する、他の神々とは別格の存在になっています。
記紀のなかにも、天照大神が天の岩戸に隠れたために世界が暗くなり、神々が相談して岩戸の外に連れ戻すと、また世界が明るくなったという、太陽を思わせる岩戸隠れの伝説が記されています。
一般にいわれる天照大神の御利益・御神徳は、国家安穏、五穀豊穣、諸願成就など全般にわたります。


御朱印はじめました 関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方コミックエッセイ) 御朱印はじめました 関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方コミックエッセイ)
Amazon アソシエイト


伊雑宮の所在地・連絡先・交通案内

Webサービス by Yahoo! JAPAN

名称 伊雑宮
祭神・本尊 天照坐皇大御神御魂
所在地 三重県志摩市磯部町上之郷
電話番号 0599-55-0038
公式サイト [リンクをクリック]
■ リンク先がある場合には、それぞれの神社仏閣の由緒、初詣に伴う交通規制や臨時駐車場などの情報が掲載されていることがあります。
交通案内 近鉄志摩線上之郷駅から徒歩約3分
備考  


↑ ページの最初に戻る