今年の初詣

鹿島神宮の初詣交通規制・駐車場


鹿島神宮の初詣情報

鹿島神宮に限らず、年末年始の期間は全国の主要な神社仏閣の周辺は大変混雑します。
駐車場は臨時も含めてある程度の台数は確保されているものの、すぐに満車になることが多く、しかも通常よりも遠く離れた場所になったり、駐車料金が高くなることが一般にあります。
このため、可能であれば、参拝客が集中する期間(大晦日から正月三が日)を避けたり、駐車場の心配がないバスや電車などの公共交機関を利用することが勧められます。
また、初詣に伴う交通規制が行われる場合、直前の時期に都道府県警察のホームページなどに掲載されることがあるため、確認しておくことが必要です。


鹿島神宮  



鹿島神宮の概要

鹿島神宮は、神武天皇元年に創建されたと伝えられる東国第一の古社で、「東国三社」のひとつにも数えられます。ご祭神は、天孫降臨に先立つ葦原中国平定にあたり、香取神宮に祀られる経津主大神とともに活躍した武甕槌大神です。古代には蝦夷征伐の守護神として朝廷から崇敬されたほか、藤原氏の氏神としても奈良の春日大社に勧請されて篤く信奉されてきました。武神としても知られることから、今でも鹿島・香取の両神号を記した掛軸が道場などによく飾られています。


鹿島神宮の御利益

武甕槌(たけみかづち)命、または武御雷神は、天照大神によって高天原から遣わされ、葦原中国を平定した伝説があるため、武門の神として知られています。
布都御魂剣と呼ばれる神剣を携えていたことから剣の神として、また、その神名から雷の神ともされます。
摂関政治で有名な藤原氏が遠く常陸国の鹿島神宮から勧請して春日大社に祀り、藤原氏の氏神とするなと、朝廷や貴族からの崇敬も篤く、特に全国各地にある鹿島神社や春日神社に祀られるケースが多くなっています。
このことから、武甕槌命の御神徳・御利益としては、武道守護、勝利開運、殖産興業、国家鎮護、病気平癒などが一般にいわれているところです。


御朱印はじめました 関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方コミックエッセイ) 御朱印はじめました 関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方コミックエッセイ)
Amazon アソシエイト


鹿島神宮の所在地・連絡先・交通案内

Webサービス by Yahoo! JAPAN

名称 鹿島神宮
祭神・本尊 武甕槌大神
所在地 茨城県鹿嶋市宮中2306-1
電話番号 0299-82-1209
公式サイト [リンクをクリック]
■ リンク先がある場合には、それぞれの神社仏閣の由緒、初詣に伴う交通規制や臨時駐車場などの情報が掲載されていることがあります。
交通案内 JR鹿島線鹿島神宮駅から徒歩約10分
備考  


↑ ページの最初に戻る