今年の初詣

飛騨一宮水無神社の初詣交通規制・駐車場


飛騨一宮水無神社の初詣情報

飛騨一宮水無神社に限らず、年末年始の期間は全国の主要な神社仏閣の周辺は大変混雑します。
駐車場は臨時も含めてある程度の台数は確保されているものの、すぐに満車になることが多く、しかも通常よりも遠く離れた場所になったり、駐車料金が高くなることが一般にあります。
このため、可能であれば、参拝客が集中する期間(大晦日から正月三が日)を避けたり、駐車場の心配がないバスや電車などの公共交機関を利用することが勧められます。
また、初詣に伴う交通規制が行われる場合、直前の時期に都道府県警察のホームページなどに掲載されることがあるため、確認しておくことが必要です。


飛騨一宮水無神社
写真:車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅



飛騨一宮水無神社の概要

飛騨一宮水無神社は、神社南西にある標高1529メートルの位山を神体山として祀る神社であり、近くには宮川の清流が流れています。社号は「みなし」と読み、水を司るという意味の「水主」が転じたものであるといわれています。「みずなし」や「すいむ」などと呼ばれることもあります。古くから飛騨国の鎮守として崇められており、明治初期には島崎藤村の父が宮司を務めていたこともあります。また、戦後1か月ほどの間には、熱田神宮から「三種の神器」のひとつである天叢雲剣がこの飛騨一宮水無神社に疎開していました。


飛騨一宮水無神社の御利益

水無大神は、飛騨一宮水無神社に祀られる16柱の神々の総称です。
この16柱の神々は、その年の恵方をつかさどり、農耕の神でもある御歳大神や、産業や医療、国土をつかさどる神である大己貴命などとされています。
水無大神の御利益・御神徳としては、五穀豊穣、商売繁盛、家内安全、良縁祈願、病気平癒、所願成就などが一般には挙げられます。


御朱印はじめました 関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方コミックエッセイ) 御朱印はじめました 関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方コミックエッセイ)
Amazon アソシエイト


飛騨一宮水無神社の所在地・連絡先・交通案内

Webサービス by Yahoo! JAPAN

名称 飛騨一宮水無神社
祭神・本尊 水無大神
所在地 岐阜県高山市一之宮町5323
電話番号 0577-53-2001
公式サイト [リンクをクリック]
■ リンク先がある場合には、それぞれの神社仏閣の由緒、初詣に伴う交通規制や臨時駐車場などの情報が掲載されていることがあります。
交通案内 JR高山本線飛騨一ノ宮駅から徒歩約5分
備考 写真提供:車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅


↑ ページの最初に戻る