今年の初詣

一之宮貫前神社の初詣交通規制・駐車場


一之宮貫前神社の初詣情報

一之宮貫前神社に限らず、年末年始の期間は全国の主要な神社仏閣の周辺は大変混雑します。
駐車場は臨時も含めてある程度の台数は確保されているものの、すぐに満車になることが多く、しかも通常よりも遠く離れた場所になったり、駐車料金が高くなることが一般にあります。
このため、可能であれば、参拝客が集中する期間(大晦日から正月三が日)を避けたり、駐車場の心配がないバスや電車などの公共交機関を利用することが勧められます。
また、初詣に伴う交通規制が行われる場合、直前の時期に都道府県警察のホームページなどに掲載されることがあるため、確認しておくことが必要です。


一之宮貫前神社
写真:車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅



一之宮貫前神社の概要

一之宮貫前神社は、安閑天皇の時代、物部氏の一族である磯部氏が、その氏神にあたる経津主神を祀り、この地に社を定めたのがはじまりとされています。古書には「抜鉾神社」とも「貫前神社」とも表記されています。一之宮貫前神社の現在の社殿は、江戸時代に徳川家光の命により建てられた漆塗りで極彩色のもので、国の重要文化財に指定されています。大鳥居を潜って総門から入ると、いったん階段を下ってから拝殿・本殿に至るという、「下り宮」とよばれるめずらしい形式です。


一之宮貫前神社の御利益

経津主(ふつぬし)命は、日本神話のなかでは、武甕槌(たけみかづち)命とともに天下り、国譲りの交渉をした武神とされ、その神名から鋭利な剣の威力をあらわす神ともいわれています。
しばしば鹿島神宮に祀られる武甕槌命、利根川をはさんだ対岸の香取神宮に祀られる経津主命がセットで登場することもあります。
経津主命の一般的な御利益・御神徳としては、武道上達、殖産興業、海上守護、家内安全などが知られています。


御朱印はじめました 関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方コミックエッセイ) 御朱印はじめました 関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方コミックエッセイ)
Amazon アソシエイト


一之宮貫前神社の所在地・連絡先・交通案内

Webサービス by Yahoo! JAPAN

名称 一之宮貫前神社
祭神・本尊 経津主神・比売大神
所在地 群馬県富岡市一ノ宮1535
電話番号 0274-62-2009
公式サイト [リンクをクリック]
■ リンク先がある場合には、それぞれの神社仏閣の由緒、初詣に伴う交通規制や臨時駐車場などの情報が掲載されていることがあります。
交通案内 上信電鉄上州一ノ宮駅から徒歩約10分
備考 写真提供:車椅子で行く神社仏閣・パワースポットの旅


↑ ページの最初に戻る