今年の初詣

気多神社の初詣交通規制・駐車場


気多神社の初詣情報

気多神社に限らず、年末年始の期間は全国の主要な神社仏閣の周辺は大変混雑します。
駐車場は臨時も含めてある程度の台数は確保されているものの、すぐに満車になることが多く、しかも通常よりも遠く離れた場所になったり、駐車料金が高くなることが一般にあります。
このため、可能であれば、参拝客が集中する期間(大晦日から正月三が日)を避けたり、駐車場の心配がないバスや電車などの公共交機関を利用することが勧められます。
また、初詣に伴う交通規制が行われる場合、直前の時期に都道府県警察のホームページなどに掲載されることがあるため、確認しておくことが必要です。


気多神社  



気多神社の概要

気多神社は、古くから信仰の山として知られた二上山の西麓に位置する神社で、社伝によれば、養老2年(718年)に能登国の気多大社から勧請されたものといわれています。もっとも、天平宝字元年(757年)に越中国と能登国が分かれるにあたって、気多大社から勧請されて創建されたという説もあります。気多神社が鎮座している伏木地区は、かつて越中国府や国分寺が置かれていたところであり、境内には越中国総社跡の伝承地も存在しています。


気多神社の御利益

大国主(おおくにぬし)神、大己貴(おおなむち)神、大物主(おおものぬし)神は同一の神として捉えられていますが、いずれにしても、わが国土着の国津神の代表、出雲神話でのヒーロー的な存在といえます。
騙されて丸裸にされた因幡の白兎を助けた伝説から医療の神として、天津神に対する国譲りの伝説から土地や国土そのものの神として、困難に打ち勝って八上姫や須勢理姫と結ばれたことから結婚や恋愛の神として、さまざまな方面からの信仰を集めています。
仏教と習合してからは大黒天と同一視され、七福神のひとつ、福徳の神としても崇められました。
このため、大国主神・大己貴神の代表的な御利益・御神徳としては、延命長寿、殖産興業、恋愛成就・縁結び、家内安全、金運招福などが挙げられています。


御朱印はじめました 関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方コミックエッセイ) 御朱印はじめました 関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方コミックエッセイ)
Amazon アソシエイト


気多神社の所在地・連絡先・交通案内

Webサービス by Yahoo! JAPAN

名称 気多神社
祭神・本尊 大己貴命・奴奈加波比売命
所在地 富山県高岡市伏木一宮1-10-1
電話番号 0766-44-1836
公式サイト [リンクをクリック]
■ リンク先がある場合には、それぞれの神社仏閣の由緒、初詣に伴う交通規制や臨時駐車場などの情報が掲載されていることがあります。
交通案内 JR氷見線伏木駅から徒歩約20分
備考  


↑ ページの最初に戻る