今年の初詣

出雲大社の初詣交通規制・駐車場


出雲大社の初詣情報

出雲大社周辺では12月31日22時から1月1日4時まで及び1月1日から3日までの各日9時から16時まで初詣交通規制。宇迦橋・出雲大社前駅・勢溜まで通行制限。カミアリーナ駐車場400台(無料)、カミアリーナからご縁広場まで正月三が日無料シャトルバス運行。一畑電車雲州平田駅からパークアンドライド。

参考:出雲観光協会のページ


出雲大社
写真:【車椅子の旅】出雲大社



出雲大社の概要

出雲大社は、『古事記』にその創建が記されるほどの古い歴史をもつ神社で、明治時代までは地名をとって「杵築大社」と呼ばれていました。主祭神は大国様として知られる大国主大神であり、『古事記』が伝える国譲り神話では、大国主大神が高天原の天照大神に国を譲るかわりに壮大な宮殿(天日隅宮)の造営を受けたといい、これが出雲大社のはじまりであるといいます。神在月(神無月)には全国から八百万の神々が集まり縁結びの相談をするという俗説があり、ご利益を求めて年間200万人もの参拝者が訪れます。


出雲大社の御利益

大国主(おおくにぬし)神、大己貴(おおなむち)神、大物主(おおものぬし)神は同一の神として捉えられていますが、いずれにしても、わが国土着の国津神の代表、出雲神話でのヒーロー的な存在といえます。
騙されて丸裸にされた因幡の白兎を助けた伝説から医療の神として、天津神に対する国譲りの伝説から土地や国土そのものの神として、困難に打ち勝って八上姫や須勢理姫と結ばれたことから結婚や恋愛の神として、さまざまな方面からの信仰を集めています。
仏教と習合してからは大黒天と同一視され、七福神のひとつ、福徳の神としても崇められました。
このため、大国主神・大己貴神の代表的な御利益・御神徳としては、延命長寿、殖産興業、恋愛成就・縁結び、家内安全、金運招福などが挙げられています。


御朱印はじめました 関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方コミックエッセイ) 御朱印はじめました 関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方コミックエッセイ)
Amazon アソシエイト


出雲大社の所在地・連絡先・交通案内

Webサービス by Yahoo! JAPAN

名称 出雲大社
祭神・本尊 大国主大神
所在地 島根県出雲市大社町杵築東195
電話番号 0853-53-3100
公式サイト [リンクをクリック]
■ リンク先がある場合には、それぞれの神社仏閣の由緒、初詣に伴う交通規制や臨時駐車場などの情報が掲載されていることがあります。
交通案内 一畑電車出雲大社前駅から徒歩約15分
備考  


↑ ページの最初に戻る