今年の初詣

熊野大社の初詣交通規制・駐車場


熊野大社の初詣情報

熊野大社に限らず、年末年始の期間は全国の主要な神社仏閣の周辺は大変混雑します。
駐車場は臨時も含めてある程度の台数は確保されているものの、すぐに満車になることが多く、しかも通常よりも遠く離れた場所になったり、駐車料金が高くなることが一般にあります。
このため、可能であれば、参拝客が集中する期間(大晦日から正月三が日)を避けたり、駐車場の心配がないバスや電車などの公共交機関を利用することが勧められます。
また、初詣に伴う交通規制が行われる場合、直前の時期に都道府県警察のホームページなどに掲載されることがあるため、確認しておくことが必要です。


熊野大社  



熊野大社の概要

熊野大社は、松江市南部の山間部、意宇川沿いに位置する神社です。火起こし神事なども残る火の発祥の神社として「日本火出初之社」という異名もあります。特に、出雲国造の末裔である出雲大社では、宮司の職を継ぐにあたって熊野大社から燧臼(ヒキリウス)・燧杵(ヒキリキネ)を拝受するのがならわしとなっています。このように、熊野大社は出雲市の出雲大社とともに古くから尊崇されており、『出雲国風土記』にもその名が記されています。祭神の櫛御気野命は食物の豊穣をもたらす神の意味であり、素盞鳴尊の別名であるとされています。


熊野大社の御利益

熊野大社に祀られる伊邪那伎日真名子加夫呂伎熊野大神櫛御気野(くしみけぬ)命は、素戔嗚(すさのお)尊の尊称をともなった別名であるとされています。
素戔鳴尊は、記紀神話のなかでは、神々の世界である高天原で乱暴をはたらいたために追放されるものの、地上で八岐の大蛇を退治して生贄にされていた奇稲田姫を救い出して仲睦まじく暮らすなど、ヒーロー的な伝説が目立つ神です。
素戔鳴尊の御利益・御神徳としては、五穀豊穣、家業繁栄、厄除け、縁結びなどが一般にはいわれています。


御朱印はじめました 関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方コミックエッセイ) 御朱印はじめました 関東の神社 週末開運さんぽ (地球の歩き方コミックエッセイ)
Amazon アソシエイト


熊野大社の所在地・連絡先・交通案内

Webサービス by Yahoo! JAPAN

名称 熊野大社
祭神・本尊 伊邪那伎日真名子加夫呂伎熊野大神櫛御気野命
所在地 島根県松江市八雲町熊野2451
電話番号 0852-54-0087
公式サイト [リンクをクリック]
■ リンク先がある場合には、それぞれの神社仏閣の由緒、初詣に伴う交通規制や臨時駐車場などの情報が掲載されていることがあります。
交通案内 JR松江駅からバス約45分
備考  


↑ ページの最初に戻る