炎上ブログと波動2

悪い意味での炎上とは逆に、ホッテントリならば良い炎上というか、良い意味で今もっとも熱い記事というわけだが、こちらも熱いという表現は適切ではないにしても、体がビリビリくる、パソコンのモニターから強い圧力を感じる、背中がぞくぞくする、などといった、特別な体感があったりするものがなかには含まれている。

多くの人が好意的に眺めたインターネット上の記事というのは、その波動が良い意味でまとわりついているので、体感としてもその残り香のようなものを感じるわけだ。

この間はけものフレンズを例に出したが、ブログだけでなく、動画などもやはり波動が染み付くということはあるわけで、それではどこにエネルギーが宿りやすいのかというと、どうも冒頭のテーマソングの部分などは格段に強い感じがする。

古今の名画のなかには映画そのものが評価されるとともに、テーマソングのほうまでも有名になっているものが珍しくはないが、これも映像作品のなかで多くの人に見られる部分に支持のエネルギーが集まるということなのだろう。

動画とはいわずとも、たとえば観音経のなかに出てくる「福寿海無量」や「念彼観音力」、あるいは般若心経の「羯諦羯諦波羅羯諦...」のような、人々がよく唱えるおなじみのフレーズというものも、独立して良い波動を保っていたりするものがある。