sat

スピリチュアル

松陰神社のこと

人を神に祀るというのは珍しいことではない。八幡神は応神天皇だし、天神といえば菅原道真、東照大権現は徳川家康、近くは靖国神社だってそうだろう。 明治時代には別格官幣社として、こうした「人を神に祀る」系統の神社が先祖返りで多くつくられたし、内国...
スピリチュアル

現実の人間をタルパ、人工精霊として設定する場合

タルパや人工精霊などというものは、意識の力を用いて人ならざる存在をつくるようなものだが、何をしてほしいのかという内容にあわせて、適切な形を設定してやるとうまくいく。 そうであれば、歴史上の偉人の顔写真などを拝借して、その人そっくりの姿になる...
スピリチュアル

ラジオクニス装置のお値段

精神世界にかかわるグッズの類というのは、値段などあってなきが如しである。 この手のグッズというのは、大量生産というよりも、一種の職人技で作っているようなものなので、その時間と手間は確実に値段に反映されているし、買う側のほうもだいたい切羽詰ま...
スピリチュアル

眠くなる現象

このところどうにも眠い。 お盆の時分だからわらわらと変なエネルギーが沸いてきているのだろうか。 前にスピリチュアルなエネルギーの過剰ということを書いたが、たとえば1日のなかで5社も6社も神社めぐりをしたり、あるいは遠隔で何らかのイニシエー...
スピリチュアル

神社とチャクラへの刺激

パワースポットになっている特定の神社に行けば、特定のチャクラが刺激されるというのは、理屈としては何となく合っているだろうと思う。 たとえば、学問の神様として知られる湯島天神あたりに行けば、物事を見通す力を開発できるという、眉間の上部にあるア...
スピリチュアル

スピリチュアルなエネルギーの過剰

世の中にはスピリチュアルな系統のエネルギーを充電できるという、さまざまなパワーグッズが売られていたりする。 天然のエネルギーが欲しければ、パワースポットと目されている神社仏閣、あるいは山や岬などといった清浄な土地に行って、そこに充満している...
スピリチュアル

これは前世か

人間が生き変わり死に変わりという、いわゆる輪廻転生を繰り返しているとすれば、前世といってもひとつだけとは限らず、いくつもあることになる。 また、たとえば自分のたましいがひとつだけという考え方自体も正しいのかどうかわからず、アメーバか何かでは...
スピリチュアル

卵巣とスピリチュアルなエネルギー

人体にあるスピリチュアルなエネルギーのポイントは、7つのチャクラが代表的なものだが、それ以外にも、ごく小さなチャクラがありそうだという話は、このブログに書いたとおりである。 私の場合、太陽神経叢の背中側にあたる、背骨のサブチャクラなどは、...
スピリチュアル

第三の眼の映像 - 平安時代の人々

前に「第三の眼」のはたらきによって、動く映像が見えたという話は、このブログのなかでもしたことかある。 そのような動く映像で、また新しいものが出てきた。 やはり映像がかなり不鮮明で粗いため、あまり細部にわたってはよく見えなかったのだが、どう...
スピリチュアル

無意識の不思議

もう学校などとうの昔に卒業して何十年にもなるというのに、私なぞはいまだに学校の夢を見ることがある。 この学校の夢というのは、夢占いなどでもよく言われているとおり、制限や束縛の多い場所というものを意味している。 そういえば、学校には宿題があっ...
スポンサーリンク