sat

スピリチュアル

神社に呼ばれるとは - 大前神社

「神社に呼ばれる」というなかでも、たまたま参拝したくなって訪れたところが、タイミングよくお祭りだったということも、あんがいと多いものだ。 延喜式式内社という古い歴史をもつ神社で、栃木県の東のほうに大前神社(おおさきじんじゃ)という神社があ...
スピリチュアル

神社に呼ばれるとは – 秩父神社

埼玉県にある秩父神社は、正式にいえば令制国の一宮というわけではないが、「全国一の宮会」という組織には加盟している。 「知々夫国一宮」という名目で、いわゆる「新一の宮」にカテゴライズされている、由緒ある神社であることには間違いない。 ここは...
スピリチュアル

死後事務委任契約

いつものスピリチュアルな話とはちょっと異なるが、世の中には身寄りがなかったり、親族と仲違いするかなにかで、どうにも頼み事をできる人がいないという場合だってある。 実はこうしたときにいちばんの悩みどころというのが、自分が亡くなったあとのことに...
スピリチュアル

神社に呼ばれるとは - 小國神社

小國神社は、遠江国の一宮として知られている神社で、かなり奥まった山の中にあるのだが、いつ行ってもかなりの人出があるので、地元ではかなり名を知られているのであろう。 ここをはじめて訪れたのは、かなり以前のことになるが、そのとき自分として行き...
スピリチュアル

夏越の祓

旧暦の6月のおわりには、全国の神社で夏越の祓が行われている。神社の境内に茅の輪などが掲げられているのがその準備のようなもので、この夏越の祓によって、半年分の厄災が祓われ、次の半年に向けてのスパートとなる。 こういう行事は、やはり本人が実際...
スピリチュアル

車中泊のこと

いつものスピリチュアルな話とはまったく勝手が違うが、全国の神社仏閣を旅するにあたって、費用を節約するために車中泊をしたことがあった。まあ結論から言えば、車中泊はあまりおすすめはしない。 いちおう、事前にニトリで6つ折りの小型のマットレスを...
スピリチュアル

第三の眼と白毫

アジナチャクラ、いわゆる第三の眼の開発をすると、ちょうど仏像の白毫という、眉間のちょっと上にある白い毛のうずまきのように、額の特定の部分に、こぶ、あるいは、いぼのようなものができることがある。 他のチャクラが開いたとしても、身体的、外見的...
スピリチュアル

第三の眼を開くにあたっての注意

エミール・クーエというフランス人が編み出した自律訓練法は、なかなか万能性の高い方法であって、心身の弛緩によって、いろいろなチャクラが開きやすくなるが、そのひとつとして、第三の眼ことアジナチャクラも開くことができるというのは、以前にこのブログ...
スピリチュアル

第三の眼と動く映像

第三の眼を開くと、未来予知のような超能力を得ることが可能だとか、青紫色になった視界に画像が写しだされることがあるということは、さきにこのブログでも記したとおりである。 私の場合、この第三の眼がらみでは、実は青紫色の世界で見えるのは静止画ば...
スピリチュアル

第三の眼を開く

「第三の眼」というのは、眉間、というよりも、眉間のちょっと上、さらに頭の奥のほうにある、アジナチャクラといっしょということにされているスピリチュアルなエネルギーをたくわえたセンターのことで、これが開くと未来予知のような超能力が得られるとされ...
スポンサーリンク