sat

スピリチュアル

チャクラが閉じない現象

チャクラは霊的なエネルギーのセンターであり、膨大なエネルギーを活用する上では不可欠なものの、ある種の霊的なウイークポイントにもなってしまうということがあるようだ。 看護師や介護職員、その他福祉施設の職員などのなかには、他人との共感をつかさ...
スピリチュアル

クーエの自律訓練法とチャクラの開花

エミール・クーエの「自律訓練法」を応用すると、チャクラの開花といったことも可能になる。 チャクラは人間には誰しもあるとされているエネルギーのセンターであり、よく知られているのはメジャーな7つのチャクラと呼ばれるものだ。 それぞれの部位に対応...
スピリチュアル

呼吸法の実践

私の不思議世界とのなれそめは、雑誌に書かれた「西野流呼吸法」と呼ばれるものだった。 芸能人も実践しているという呼吸法で、いつまでも若々しい肉体をつくるために不可欠という話だったが、実はこうしたものはいわゆる超能力開発のようなものにも有効だ。...
スピリチュアル

稲荷がよくないといわれるのは

稲荷というのは江戸時代に方方に屋敷神のようにして勧請されたため、なかには代替わりをするうちに祭祀がおろそかになって、ろくに管理されなくなってしまったといったものが少なくない。「祀り捨てられた神」が妖怪化してしまうというのは民俗学者の柳田國男...
スピリチュアル

古墳はパワースポットになり得るか

古墳というのはイメージ的にどうだろうか。古代の有力者のお墓と考えれば、あまり近寄りたくない場所、なにかもののけでもでそうな薄気味悪い場所ということになるだろうか。 どうもこのあたりの仕組みはよくわからないのだが、たしかに古墳とされるものの...
スピリチュアル

神社に呼ばれるとは -三嶋大社

三嶋大社も今ではかなり参拝回数も増えた気がするが、最初にここを訪れたのは、高速道路の沼津インターを降りて、やはり道に迷ったか何かだったかと思う。 気づくと何故か門前、というか鳥居の前にいる、というパターンだが、三嶋大社に着いたときにはちょ...
スピリチュアル

神社に呼ばれるとは -狭野神社

狭野神社は九州の霧島連山のあたりにある神社で、この霧島連山にあるいくつか有名な神社をあわせて「霧島六社権現」などという言われ方をすることもあるらしい。 霧島はたぶんかつては噴火をしたこともある山のはずであるし、中世や近世には修験山伏が修行...
スポンサーリンク