チャクラ・第三の眼

スピリチュアル

肝臓のサブチャクラ

人体には7つのチャクラがあるというのはよく知られていることだが、そのほかにも、あまりメジャーではないチャクラが無数に存在している。 7つのチャクラと場所的に近いか、ほぼ重なっているようなものも中にはあって、メジャーな7つのチャクラと混同し...
スピリチュアル

呪文の詠唱

呪文やマントラを詠唱して、特定のチャクラを刺激するとか、特定の願望を実現するといったことは、昔からよく行われている。 昔は効果があったかもれないが、今ではその効果がほとんど薄れているものを含めて、効果が出ないものも確かにあるが、昔から多くの...
スピリチュアル

第三の眼の映像 - 近未来風のロボット

今日は久しぶりに第三の眼の映像を見た。 寝床に入ってちょっとうとうとしかかった時に勝手に流れてきたと謂うほうが正しいかもしれない。 初めは大型のロボットを下から見上げているような光景で、さすがにこんなに大きなものは自分がCGデザイナーにで...
スピリチュアル

瞑想と音楽

潜在意識と交流をするには脳波がアルファ波やシータ波の状態が良いといわれる。 必ずしもアルファ波やシータ波でなければ交流できないわけではないが、やはり繋がりやすいというのは確かなところだろう。 それではアルファ波やシータ波になるための手段...
スピリチュアル

水の浄化作用

前にアジナチャクラを開く過程で怒りっぽくなるなどの精神的不安定感が増すことがあると書いたが、これはたとえばアチューンメントを受けるとか潜在意識のブロックを解除するとか、何らかのスピリチュアルな分野でのワークをしたときにも広く発生することだと...
スピリチュアル

神社に呼ばれるとは - 筑波山神社

徳川綱吉の生類憐れみの令といえば、かつては天下の悪法といわれていたが、現在では戦国の遺風を断ち切って世の中を平和にしたという評価もあるくらいで、とかく歴史というのは見方によってどうにでも書き換えられてしまう脆い学問なのだなという気がする。 ...
スピリチュアル

人工精霊づくりに行き詰まったとき(3)

人工精霊を作ったときに、そのままではエネルギーが弱すぎるとすれば、どこからか補充しなければならないのは当然のことだ。 エネルギー補充については、人工精霊に対して「どこどこから補充せよ」と命じるという手段で、人工精霊自身に補充してもらうことに...
スピリチュアル

願望が叶ったときの反動(2)

願望が叶ったときの反動の記事を書いていて思い出したが、この反動というのは、たとえば眉間の近くにあるアジナチャクラのようなチャクラを開いたときなどについても、考えなければならないところである。 アジナチャクラを開いて未来らしき映像がふっと見...
スピリチュアル

神社とチャクラへの刺激

パワースポットになっている特定の神社に行けば、特定のチャクラが刺激されるというのは、理屈としては何となく合っているだろうと思う。 たとえば、学問の神様として知られる湯島天神あたりに行けば、物事を見通す力を開発できるという、眉間の上部にあるア...
スピリチュアル

卵巣とスピリチュアルなエネルギー

人体にあるスピリチュアルなエネルギーのポイントは、7つのチャクラが代表的なものだが、それ以外にも、ごく小さなチャクラがありそうだという話は、このブログに書いたとおりである。 私の場合、太陽神経叢の背中側にあたる、背骨のサブチャクラなどは、...
スポンサーリンク