小中学校への転入学




里子に義務教育を受けさせるのは里親としての義務になります。
里子の住民登録を住民課で済ませると、教育委員会の窓口では「転入学通知書」が渡されます。
この書類とは別に、里子の委託の際には、前の学校で発行した「在学証明書」と「教科書用図書給与証明書」を児童相談所から受け取っているはずです。
以上の3点の書類をもって、指定された学校で転入学の手続きをとります。
なお、教科書は無償で配布され、その後必要となる教材費などについても公費負担となりますが、教材については学校で「教材費証明書」を発行してもらい、これを添付して児童相談所に経費の申請をすることになります。

里親制度についての相談機関

里親制度に関する相談機関として、それぞれの都道府県、政令都市、一部の中核市が設置している児童相談所があります。

児童相談所は、児童福祉法第12条に基づいて設置され、市町村の児童相談業務への援助とともに、専門的な知識および技術が必要な児童に関する相談に応じ、医学的・心理学的診断などの結果に基づき、必要な指導・処遇を行う児童福祉行政の専門機関です。

里親制度に関わる事務のほか、児童福祉司や心理判定員などによる児童相談(巡回相談)、ひきこもり対策、児童虐待防止、その他関係機関との連携による事業などを行っています。


スポンサーリンク