税務署一覧

税務署一覧 関東地方

川越税務署



確定申告とは

所得税の確定申告は、毎年1月1日から12月31日までの期間におけるすべての所得を計算した上で、納税者みずからが申告および納税するための手続きのことをいいます。
この確定申告という手続きによって、年間の所得税の額が確定することになりますが、源泉徴収や予定納税などによって事前に支払い済みの額がある場合には、確定申告を通じて精算することができます。



給与所得者でも確定申告をしたほうがよい場合

給与所得者は所得税や住民税の源泉徴収がされているため、一般には確定申告の必要はありませんが、逆に確定申告をすることで税金が戻ってくる(還付される)ケースもあります。
たとえば、年末調整後に結婚した場合(扶養控除)、医療費の支払いが年間10万円を超えた場合(医療費控除)、スイッチOTC医薬品の購入額合計が年間で12,000円を超えた場合(セルフメディケーション税制)、住宅ローンを借り入れてマイホームを建てた場合(住宅ローン減税)、ふるさと納税その他の寄附をした場合(寄附金控除)などが挙げられます。


給与所得者の確定申告が必要な場合

給与所得者については、通常は勤務先で所得税を源泉徴収されているため確定申告は不要ですが、次のような場合には確定申告が必要となります。
 給与の年間収入金額が2,000万円を超える人
 給与を1か所から受け、かつ、その金額が源泉徴収の対象となる場合において、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)の合計額が20万円を超える人
 給与を2か所以上から受け、かつ、その給与の金額が源泉徴収の対象となる場合において、年末調整をされなかった給与の収入金額と、各種の所得金額(給与所得、退職所得を除く。)との合計額が20万円を超える人など

川越税務署の電話番号・所在地など

地図が表示されるまでお待ちください。

名称 川越税務署 (関東信越国税局管内)
署番号 02113
法定調書などに記載する税務署ごとの「署番号」です。上2桁が関東信越国税局管内であることを表します。
税務署番号 00033071
金融機関での納税の際に納付書上部に記載する「税務署番号」、すなわち日本銀行の「歳入金等取扱庁コード」のことです。
郵便番号 350-8666
所在地 埼玉県川越市大字並木452番地の2
電話番号 049-235-9411
管轄区域 川越市、富士見市、坂戸市、鶴ケ島市、日高市、ふじみ野市、入間郡


所得の区分と確定申告

所得税の確定申告に関連して、保険・共済期間が5年以下の一定の一時払養老保険や一時払損害保険の所得などは、源泉分離課税方式が適用される一時所得に当たります。


所得税の確定申告に関連して、ビットコインを使用することにより利益が生じた場合には、所得税の課税対象となり、事業目的などの特別な事情がない限り、原則として雑所得として区分されます。すなわちビットコインを売却して日本円に換金した場合には、売却額から取得価格を差し引いた売却益が課税対象になるものと考えられます。


川越税務署に対する相談について

川越税務署に電話すると、自動音声案内につながりますので、用件に応じて「0」、「1」、「2」または「3」の番号のボタンを選択します。「番号が確認できません」というガイダンスがあった場合は、電話機のトーン切り替えボタン(「*」や「♯」など)を押してから番号を選択してください。
この場合において、「0」は確定申告に関する相談、「1」は税金に関する一般的な相談、「2」は税務署からの「お尋ね」に対する回答や税金の納付相談、その他面接での相談の事前予約などの用件になります。
なお、消費税の軽減税率制度に関する問い合わせ(軽減対象品目の内容、帳簿・請求書の書き方など)については、「消費税軽減税率電話相談センター」(軽減コールセンター)で一括して受け付けていますので、「3」のボタンを押すか、または別にナビダイヤル「0570-030-456」に電話をします。



 

フリーランスのための超簡単!青色申告 事業所得用・申告ソフト付(Windows用・ダウンロード版) Amazon アソシエイト

リンク







↑ ページの最初に戻る