宗祇水(白雲水)

宗祇水(白雲水)

スポンサーリンク

「宗祇水(白雲水)」の概要

室町時代の連歌の達人、飯尾宗祇が当地を訪れた際、この泉の傍らに庵を結んで、愛用したことから「宗祇水」と呼ばれるようになった。古くから生活用水として利用されており、住民が組合を組織して水質の保全・管理をしている。また、県の史跡文化財に指定されている。
(環境省資料による)


「名水百選」とは

「名水百選」は、「宗祇水(白雲水)」を含めて、全国各地の「名水」とされる湧水、河川または地下水のうち、保全状況が良好で、地域住民等による保全活動がある100か所を、1985年(昭和60年)に旧環境庁(いまの環境省)が選定したものです。
また、2008年(平成20年)には、環境省によって、既存の「名水百選」とは別に、新たに「平成の名水百選」が選定されています。
そのため、混同を避けるという意味で、「昭和の名水百選」と呼ばれることもありますが、基本的に2つの間で重複して名水として選定されているものはありません。
なお、選定された「名水」は、必ずしも飲用に適したものであるとは限りませんので、水汲み、お水取りをする場合には注意が必要で、場合によってはそれぞれの土地が属している自治体に確認する必要があります。


スポンサーリンク

宗祇水(白雲水)の場所や現地までの交通は次のとおりです。

 ここに地図が表示されるまでしばらくお待ち下さい。
 右下のロゴをクリックすると大きな地図に遷移します。
Webサービス by Yahoo! JAPAN
名称 宗祇水(白雲水)
場所 岐阜県郡上郡八幡町
交通 JR越美南線「郡上八幡駅」下車⇒岐阜バス白鳥行(約5分)「本町」下車
緯度・経度 35.749971, 136.956141

「名水百選カード」とは

環境省では、2015年(平成27年)に、「名水百選」の選定から30周年を記念して、「名水百選」、「平成の名水百選」を対象とした、国民参加型の人気投票「~名水百選30周年記念~『名水百選』選抜総選挙」を実施しています。
これは、わが国が世界に誇る優れた資源である「名水」を改めて国民の間に周知するとともに、地域の活性化に結びつけることを趣旨として実施されたものです。
この「~名水百選30周年記念~『名水百選』選抜総選挙」を記念して作成されたカードが「名水百選カード」で、それぞれの名水の呼称、寸評、写真、所在自治体名、特徴を示すピクトグラムなどがデザインされています。
「名水百選カード」に掲載のピクトグラムは、「観光地がすばらしい名水」、「景色がすばらしい名水」、「秘境がすばらしい名水」、「おいしさがすばらしい名水」のいずれの区分に該当するのかを指し示しています。


スポンサーリンク

平成の名水百選 Amazon アソシエイト