古墳の夢


古墳の夢

田舎の農道みたいな細い道を私は歩いていて、この日は空が晴れていてきもちがいい感じだ。
大きな前方後円墳があって、その近くの小さな古墳(陪塚)の上に車を停めて、パワースポットでの儀式か何かをやろうとしている人がいる。
私はそれに興味をもって、儀式のようすを写真に撮っている。
農道をそのまま歩くと、むこうから犬が近寄ってきて、私になついてくるので、私も犬をもふもふさわる。



スポンサーリンク

夢の意味と解釈

夢は潜在意識からのメッセージともいわれています。
夢のなかにはさまざまなシンボルや記号があらわれますが、これらは私たちが普段使っている言葉よりも、はるかに深い意味をもち、感情やアイデアを無数に呼び覚ますものといえます。
それだけに、潜在意識が夢のなかで何を伝えようとしているのか、わかりにくいことも多いといえます。
一般にいわれる夢診断、夢占いといったものは、こうした夢のなかに登場したシンボルの意味をわかりやすく解釈しようとするもので、すべての個人に対してぴったりとあてはまるとは限りませんが、少なくとも考える上での示唆を与えてくれることは確かです。


このカテゴリでは、古墳の夢に関する情報を紹介しています。その他の項目の解説は、このカテゴリのトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る