葬式の夢


葬式の夢

田舎道を車で走っていると、途中で「忌中」と書いた家があった。
これは実は私の実家で、私はもう家出をして帰っていなかったのでわからなかったが、ちょうど私の親の葬式をしているらしかった。
叔母さんが家のなかから出てきて、「寄って行くんだろう」と言って、私の車を止めようとしたが、黒い礼服すら持っていないし、こんな格好で参列できないと言って振り切った。
おばさんはちょっとそれはあんまりだろうという顔をしている。
そのあとトイレに行きたくなったので、坂を越えてトイレがあるところをカーナビで選択して、車の修理工場のトイレにひとまず向かう。



スポンサーリンク

夢の意味と解釈

夢は潜在意識からのメッセージともいわれています。
夢のなかにはさまざまなシンボルや記号があらわれますが、これらは私たちが普段使っている言葉よりも、はるかに深い意味をもち、感情やアイデアを無数に呼び覚ますものといえます。
それだけに、潜在意識が夢のなかで何を伝えようとしているのか、わかりにくいことも多いといえます。
一般にいわれる夢診断、夢占いといったものは、こうした夢のなかに登場したシンボルの意味をわかりやすく解釈しようとするもので、すべての個人に対してぴったりとあてはまるとは限りませんが、少なくとも考える上での示唆を与えてくれることは確かです。


このカテゴリでは、葬式の夢に関する情報を紹介しています。その他の項目の解説は、このカテゴリのトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る