教室の夢


教室の夢

坂を登ると学校の教室があった。
机がいくつかあるが、夏休み明けでどこが自分の机だったか忘れてしまって、教室のはずれの電話機とドアの前に余った机があったので、そこにとりあえず座る。
教科書も持ってきてなかったが、となりの空いている席にカラーコピーがあったので、それを拝借した。
わたしは歴史の教科書のコピーを見て授業を受けているが、先生はなんだか厳しそうな人だ。
ベルサイユ体制あたりの話みたいだが、先生がちょっとだけコピーを見て、ここはコピーと今使っている教科書とでは違うからと言って、一瞬だけ教科書を貸してくれて、ページ数も教えてくれたが、本当に一瞬だけだった。



スポンサーリンク

夢の意味と解釈

夢は潜在意識からのメッセージともいわれています。
夢のなかにはさまざまなシンボルや記号があらわれますが、これらは私たちが普段使っている言葉よりも、はるかに深い意味をもち、感情やアイデアを無数に呼び覚ますものといえます。
それだけに、潜在意識が夢のなかで何を伝えようとしているのか、わかりにくいことも多いといえます。
一般にいわれる夢診断、夢占いといったものは、こうした夢のなかに登場したシンボルの意味をわかりやすく解釈しようとするもので、すべての個人に対してぴったりとあてはまるとは限りませんが、少なくとも考える上での示唆を与えてくれることは確かです。


このカテゴリでは、教室の夢に関する情報を紹介しています。その他の項目の解説は、このカテゴリのトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る