薬の夢


薬の夢

学校の給食でパンを食べたときに、薬の瓶がなぜかトレーに置いてあったので、「誰のだこれー」と言って持ち主をさがしている。
隣の席の人がおなじような薬を携帯していたはずだから、隣の人のかと思ったが、本人は別の薬瓶をちゃんと持っていたので、結局誰のものだかわからない。
誰かが見つけてくれるように、とりあえず教卓の上に目立つように置いておくことにした。



スポンサーリンク

夢の意味と解釈

夢は潜在意識からのメッセージともいわれています。
夢のなかにはさまざまなシンボルや記号があらわれますが、これらは私たちが普段使っている言葉よりも、はるかに深い意味をもち、感情やアイデアを無数に呼び覚ますものといえます。
それだけに、潜在意識が夢のなかで何を伝えようとしているのか、わかりにくいことも多いといえます。
一般にいわれる夢診断、夢占いといったものは、こうした夢のなかに登場したシンボルの意味をわかりやすく解釈しようとするもので、すべての個人に対してぴったりとあてはまるとは限りませんが、少なくとも考える上での示唆を与えてくれることは確かです。


このカテゴリでは、薬の夢に関する情報を紹介しています。その他の項目の解説は、このカテゴリのトップページに掲げられている索引から選択するか、または上のサーチボックスからキーワードで検索してください。

スポンサーリンク

↑ ページの最初に戻る