日本パワースポット探訪

Visiting Sacred Places of Japan


大浦天主堂

calendar

reload

大浦天主堂

ポイントのイラストポイント

大浦天主堂は、なんといっても国内では現存最古の教会建築ですし、イギリス人商人グラバーの邸宅となっていた洋館などが見られる「グラバー園」にも隣接していて、長崎市内では著名な観光スポットのひとつです。

長い坂を登った小高い丘の上にあって、ゴシック調の外観もなかなか見栄えのするものですが、内部の雰囲気は、日本の神社仏閣とはかなり違った透明感というか、純粋な信仰心を感じさせるものです。

単なる外国人居留地の跡といえばそれまでですが、この山手地区の丘そのものが、なにか自然の良いエネルギーに恵まれた場所ということもあるのかもしれません。

また、前世の影響などがある場合には、大浦天主堂のような場所を訪れることによって、わけもなく涙が出てきたり、猛烈に感動したりといった、ふつうのパワースポットとは違った反応が出ることもあります。

スポンサーリンク

地球のイラスト案内地図

Webサービス by Yahoo! JAPAN

概要のイラスト概要

所在地
長崎県長崎市南山手町5-3
交通手段
JR長崎駅前から路面電車20分、大浦天主堂下下車、徒歩5分
電話番号
095-823-2628
ホームページ
[]
主祭神
その他
拝観料大人600円、国道沿いの市営「松が枝町駐車場」利用
大浦天主堂は、長崎市の山手地区に建てられたカトリック教会で、国宝、国史跡であるほか、ユネスコの世界遺産「大浦天主堂と関連施設」の暫定リストにも登録されています。

江戸時代末期の安政5年(1858)、幕府がアメリカ、イギリス、フランス、ロシア、オランダとの通商条約を締結し、長崎の山手地区が外国人居留地となったことから、元治2年(1865)、これらの外国人の礼拝目的で設けられたものです。

豊臣秀吉の禁教令により長崎で磔刑に処せられた「日本二十六聖人」に捧げるとして、正式には「二十六聖殉教者堂」と命名されていますが、大浦天主堂の竣工後ほどなくして、長いキリシタン弾圧の時代に信仰を守ってきた日本人の「隠れキリシタン」が見つかるという「信徒発見」の舞台にもなりました。

この記事をシェアする


folder 東国のパワースポット

麻賀多神社
more...

folder 西国のパワースポット

竹生島神社
more...